2015年01月26日

ルパン三世(初代シリーズ)

子供の頃、再放送で見たアニメには、寂しいエンディングテーマが多かった気がする。ちょうど放送される時間帯も夕方の夕暮れ時で、オレンジ色に照らされる薄暗い部屋の雰囲気が、ちょっぴり切なかった。

たくさんの名曲の中でも、チャーリー・コーセイが歌った「ルパン三世」のエンディングは、もっとも思い出深い。
→ 「ルパン三世のエンディング」紹介記事

また、ルパンの名を連呼するオープニングもカッコよくて、ルパンの疾走するシーンや次元の早撃ちシーンには、痺れる。

ちなみに、第一シリーズのルパンは、緑色のジャケットを着ていたことでも有名。それから、あの細いキャラクターたちが吸うしわくちゃの煙草には、多くの世代が憧れたことだろう。

日本のハードボイルドは、松田優作とルパンが作ったといっても過言ではないのではないだろうか?

ラベル:ルパン三世
posted by コロコロくん at 15:54| Comment(0) | 思い出・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: